シェアしてもらえると嬉しいです。

パソコンに繋げられない?でも、miniDVテープの映像を残したい!

miniDVをパソコンに保存したい

最近はスマートフォンでもきれいな動画が撮影できますよね。

いつも手元にあるモノだから撮影する機会もドンドン増えてる感じがします。

それでも運動会やスポーツ大会等のイベントを撮影するにはビデオカメラを使います。

先日も間近に控えた運動会の撮影のためにビデオカメラを探していました(←スグ無くす)。

今回は、その時発見した「未データ化のminiDVテープ」のお話です。ビデオカメラではなく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンに保存していないminiDVテープ

探しモノの最中に小さめのダンボールに入ったminiDVテープを発見しました。

「まだ」と書いた付箋が貼られているのを見ると「まだパソコンに取り込んでいない」ようです。

確認してみるとやっぱりパソコンにもDVDにもない。

パソコンに保存していない映像をminiDVテープだけで保管するのは少し心配。

まだ miniDV のビデオカメラを使用しているなら上書きしてしまうかもしれませんし、テープの劣化もあるでしょうし。

それに何よりも、僕の場合ビデオカメラがないと再生できないのがイタイです。

ビデオカメラ自体がかなり古くなっているのでいつか再生できなくなるかも。

「スグにパソコンに保存しなくては!」

一度パソコンに保存しておけば、DVDにしたりスマホに入れたりLINEで送ったりもできるので幅が広がります。

あれ?パソコンに取り込めない。

それじゃ早速…とパソコンとビデオカメラを接続しようとしました。

…が、できません。

よく見るとビデオカメラとパソコンを接続する端子がない!

このminiDVのビデオカメラは今から十数年前に購入し、5~6年前まで使っていました。

その頃のパソコンにはIEEE1394端子があって、それとi.Link端子を繋いでパソコンと接続して映像を保存していました。

i.Link端子

現在は家のパソコンすべて確認しても繋げられる端子がありません。

ビデオキャプチャケーブルを使ってみた

miniDVテープを再生できるモノを探してみたり、IEEE1394の拡張カードを考えたりしましたが、今回は…

  • 簡単にできること
  • 他の昔のビデオテープ(VHS)をパソコンに取り込むこと

を考えて、ビデオキャプチャケーブルを使うことにしました。

今回使ったのはこれ(↓)。GV-USB2です。

キャプチャーケーブル GV-USB2

ちなみにソフトウェアとして

・ビデオ録画用の「Light Capture」
・DVDを作るための「PowerProducer5 for I-O DATA」

が添付されていました。

miniDVをデータ化する

後々編集なんかもしたいのでパソコンに保存することにします。

まずは準備としてパソコンとデジタルビデオカメラを接続します。

ビデオカメラのAVケーブルとGV-USB2を接続します。

ビデオカメラとGV-USB2の接続

映像端子としてS端子を使う場合は、黄色のケーブルは繋がないようです。

GV-USB2のUSBをパソコンに挿したら接続はOKです。

次に、映像録画用の「Light Capture」を起動します。

LightCaptureの起動

デジタルビデオカメラで再生すると映像が表示されます。

LightCapture

録画ボタンをクリックすることで録画を開始します。

LightCapture録画開始

停止ボタンを押すことでファイルが保存されます。

LightCapture録画終了

初期設定ではドキュメントフォルダ以下に「Light Capture録画フォルダ」が自動的に作られます。

作成されたファイル

結構なサイズのファイルになるので余裕のあるドライブに保存するようにしましょう。

一つのminiDVテープに運動会と文化祭みたいに別の映像が入っている場合は停止ボタンを押して別のファイルにしておいたほうが良いかもしれません。

僕は録画ボタンを押した後放置していましたので一つのファイルになってしまいました(笑)

まとめ

全く問題なくパソコンにデータを保存できました。

これでずっと前のVHSもパソコンに保存できると思うので見られるうちにバックアップしておきたいと思います。

また、機会を見つけてIEEE1394の拡張カードを試してみたいと思います。

今回購入したのはコレです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです。

フォローお待ちしております。