シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【AviUtl】線を曲げたい!動かしたい!自由に動く線「移動軌跡」を使ってみよう。

AviUtlで線を曲げたい!動かしたい!

以前、AviUtlを使って「直線を伸ばす4つの方法」という記事を書きました。

記事:「【AviUtl】直線を伸ばす4つの方法を比較してみた。」

でも、撮影した動画を編集していると直線だけでなく、いろいろな「線」を描きたくなりますね。「円を描いて囲みたい」とか「斜めに進む線を描きたい」とか。

今回僕がやりたかったのは「トーナメントの勝ち上がりの線」です。

というわけで、今回はもっと自由自在な動きをする「移動軌跡」について書きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうしてトーナメント表の勝ち上がり?

「トーナメントの勝ち上がり」なんて言葉でどのくらいの方にわかっていただけるんでしょうか?

この言葉が正しいのかは不明です(笑)

少し前に子どものスポーツ大会がありました。

とても頑張って練習した成果なのか、トーナメントの上の方まで勝ち上がっていきました。

それがうれしかったようで「トーナメントで勝ったのをわかるようにして!」とお願いされました。

ということで、トーナメントを勝ち上がったことを表す『線』を作ることになったんです。

ここで活躍してくれるのが「移動軌跡」です。

移動軌跡とはどんなもの?

「移動軌跡」は、移動の開始点から終了点までの移動の軌跡を「線」として残してくれるものです。

移動軌跡 直線移動

始点から終点までの間に「中間点」を入れることで3つ以上の設定したすべての「点」を通過する移動の軌跡を表現することができます。

下の例は、中間点を入れることで、途中で「カクッ」と曲がる線の軌跡です。

移動軌跡 カクッと曲がった線

「カクッ」とさせず、なだらかな曲線の軌跡を表示することもできます。

移動軌跡 曲線移動

これ以外にもいろいろな「動きのある線」を表現できます。

移動軌跡の作り方

移動軌跡は「カスタムオブジェクト」の一つです。

なので、まずはカスタムオブジェクトを追加してみましょう。

カスタムオブジェクトの追加手順

拡張編集のタイムライン上で右クリックします。

そこから、「メディアオブジェクトの追加」 →「カスタムオブジェクト」 をクリックすることで、カスタムオブジェクトがタイムラインに追加されます。

カスタムオブジェクトの使い方

最初に追加した時点ではカスタムオブジェクトのデフォルトである「集中線」になっています。

カスタムオブジェクト 集中線

集中線を使いたい場合はこのまま使えばOKですが、今回は移動軌跡なので……

これを「ライン(移動軌跡)」に変更しましょう。

設定ダイアログ画面の左下にある「集中線」の部分を「ライン(移動軌跡)」としてください。

カスタムオブジェクト 移動軌跡に変更

画面の中心に上向きの矢印が表示されたと思います。

これで「移動軌跡」のカスタムオブジェクトを追加できました。

カスタムオブジェクト ライン(移動軌跡)

移動軌跡でシンプルな動きを作ってみる

カスタムオブジェクトの長さを決める

まず、カスタムオブジェクトの長さを3秒にしましょう。

カスタムオブジェクトを右クリックし、「長さの変更」をクリックします。

カスタムオブジェクトの長さの変更

3秒に設定します。

オブジェクトの長さの変更

単純な横軸の移動軌跡サンプル

次に設定ダイアログの【X】を「直線移動」で【左側】-300、【右側】300に設定します。

ライン(移動軌跡)の移動設定

これで終わりです。

再生すると移動軌跡の動きが確認できます。

この移動軌跡は【X軸の-300の位置から+300の位置まで3秒で移動する線】が表示されることになります。

2点間の移動軌跡

簡単な3点間の直線的な移動軌跡サンプル

先ほどの開始点と終了点の中間に新たな中間点を作ります。

カスタムオブジェクトに中間点を作る

中間点の【Y】を150にします。

Y座標を設定する

こうすることで以下のような移動軌跡が作れます。

3点間の移動軌跡

また、X軸(Y軸)の「直線移動」を「曲線移動」にすると…

直線移動から曲線移動に変更

下のような曲線での移動軌跡が作れます。

3点間の曲線移動軌跡

実際にトーナメントの勝ち上がりを作る

簡単なトーナメント表を作りました。すごい手抜きですw

サンプルで作ったトーナメント表

これを元に勝ち上がりを作りましょう。せっかくなので優勝させます(笑)

といっても、やることは先ほどまでのサンプルと同じです。

移動はもちろんすべて「直線移動」です。

中間点は8つ。

それをすべて通過する移動軌跡にすればオッケーですね!

出来上がったトーナメント勝ち上がりは以下の画像です。

トーナメント表の勝ち上がり完成

1回戦を勝ったシーンでは2回戦進出の箇所までのアニメーションに…

2回戦を突破したシーンでは3回戦進出までのアニメーションにしたらすごく喜んでくれました(^O^)/

注意するのは、移動する距離と時間です。

それぞれの始点・中間点・終点までの距離を何秒で進むのかで、移動するスピードが変わりますのでうまく調整してください。(トーナメント作る人がいるかはわかりませんがw)

まとめ

今回は、ただの直線の移動ではなく、もっと複雑な動きのある線を作ることのできる「移動軌跡」を見てきました。

僕は頭が固くてなかなか思いつきませんが、アイデア次第で色々なことができるオブジェクトだと思います。

以前の記事:「【AviUtl】直線を伸ばす4つの方法を比較してみた。」

と合わせて参考にしてもらうことができればうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお待ちしております。