シェアしてもらえると嬉しいです。

布団の干し過ぎは逆効果かもしれません。ふかふかふとんを長持ちさせる干し方とは。

布団干し
ふとん干してますか?
干したばっかりのふとんはあったかくて、ふかふかで気持ちがいいものですよね。
私も干したふとんって好きなんですが、毎日干すようだと問題もあるかもしれません。というお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうして布団を干すのか?

1日24時間で8時間寝るとしたら、一日の3分の1は布団の中にいるんですね。
人生の30%くらいは布団の中…

なんだかぐうたらな感じになりますがw

だからこそ快適な布団生活?を楽しみたいものですが、毎日使うものですから
手入れはとても大切です。

よく聞く話ですが、人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくそうです。
その水分はふとんに吸収される分も相当あるそうです。
つまり、必要なのは「乾燥」。だから布団干しは大切なのです。
また、それによって吸湿性も戻り、ダニ対策にもなります。

干せばふかふか。でも干し過ぎると問題も

布団の種類には「羽毛」「羊毛」「綿(コットン)」「合繊(ポリエステル)」なと様々なものがあります。

その布団の種類によっては、今皆さんが干している頻度や時間などが問題になるかもしれません。

例えば、太陽光による紫外線で側生地が傷んでしまう事も。
そうなると羽毛や羊毛は外に出てきてしまうこともあり、結果的に長く使うことができない場合があるようです。
また、干したらやりがちな布団たたき。
どの布団でもそうですが、羽毛の場合は特にダメ。
叩くことで、ダウンボールが壊れてしまって保温性や弾性が無くなってしまう事も。

布団の種類によっては注意が必要

布団の干し方
布団干しは午前10時から午後3時まで!
これが空気が乾燥しているベストな時間帯とのことですよ。

羊毛ふとん

1、2週間に1回くらいのペースで干しましょう。
時間は、カバーはつけた状態で1~2時間。
弾性のある気持ちのいいふとんですが、弾性が徐々に弱くなると復活しにくいそうですよ。

羽毛ふとん

普段は陰干しですが、月に1度か2度は天日干しをしましょう。
時間は、カバーはつけた状態で1~2時間。
羽毛布団は放湿性が高くて、湿気を逃がしてくれますし、弾性が復活しやすい素材なのでそれほど頻繁に干さなくてもいいのです。

綿(コットン)ふとん

吸湿性の高いふとんなので、こまめに干すようにします。
ただ、あまり干し過ぎると変色や劣化の原因にもなりますので適度に。
天日干しで2~3時間程度干しましょう。週1、2回が良いようです。

合繊ふとん

保温性の高い、軽くて扱いやすいふとんです。
軽いので干しやすいですが、回数としては2週間に1回くらいで十分とのこと。
時間は、カバーはつけた状態で1~2時間、天日干しをします。

ふとんの素材などによっても干し方が変わるんですね。
ウチのせんべい布団はどうするんですかね?

まとめ

ふとんも生地や素材で干す時間・頻度が変わってくるんですね。
当たり前かもしれませんが、ふかふかふとんに寝たかったので、干し過ぎていたようです。
長く快適に使えるように丁度いいケアを心がけましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです。

フォローお待ちしております。