シェアしてもらえると嬉しいです。

モバイルフレンドリーが開始されました。サイトのチェックは済んでますか?

モバイルフレンドリー始まりました
「モバイル フレンドリー アップデートを開始します」

4月21日から、Googleでとうとうモバイル フレンドリー アップデートが開始されました。
皆さんがお持ちのサイトはモバイルフレンドリーですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モバイルフレンドリーって何?

サイトがモバイル端末に対応しているか。

ということで、対応している場合、そのサイトは「モバイルフレンドリー」だと言えます。

最近ではスマートフォンなど、スクリーンの小さなモバイル端末がたくさんありますね。サイトを訪問してくれる方の多くがスマートフォンになってきています。このブログでもモバイルでのアクセスが半数です。(アクセス自体が少ないのは内緒です)
このような現状で、その人たちが見やすいサイトになっているかがとても重要になっているという事ですね。

モバイルフレンドリーじゃないとどうなるの?

モバイル対応忘れてた
モバイルフレンドリーじゃないということは、モバイル端末に対応していない見づらいサイトのままという事です。
Googleで4月21日からの「モバイル フレンドリー アップデート」によってどうなるかは以下のように説明されています。

Google は全世界でモバイル フレンドリー アップデートを開始します。これにより、モバイル版の検索結果では、モバイル フレンドリーなページの掲載順位が引き上げられ、検索ユーザーは、小さなスクリーン上でも読みやすい、高品質で関連性の高い検索結果をより簡単に見つけることができるようになります。

モバイルフレンドリーアップデートを開始します

モバイルフレンドリーなサイトだと判断されれば、検索順位が引き上げられる。
という事は、そうでない場合、検索順位は下がるということです。
これは、モバイル版の検索結果にのみ影響するとのことで、その影響はサイト全体ではなくて「ページ」単位が対象とのこと。
サイトとしてはほとんど「モバイルフレンドリー」だけど、重要なページがそうでなかった。なんてことにならないとも限りません。

モバイルフレンドリーなのかどうかで今後のアクセス数が大きく減ってしまう事も考えられます。
自分のサイトをチェックして、必要なら対処を行っていきましょう。

モバイルフレンドリーかチェックしてみましょう

モバイルフレンドリーテスト
とにかく、自分が持っているサイトが「モバイルフレンドリー」かどうかが気になるところですね。

早速チェックしてみましょう。あなたのサイトがモバイル フレンドリーかどうかは以下から確認できますよ。

モバイル フレンドリー テスト

ここでURLを入れて確認してみてください。
「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです」とメッセージが出ればひとまず安心ですね。

また、ウェブマスターツールのモバイル ユーザビリティレポートでも、サイトのモバイルユーザビリティに関係するエラーを確認できます。
ぜひチェックしておきましょう。

あとがき

モバイル端末がもう主流になっているのは誰が見ても確かですよね。サイトを作るにあたっても無視できるものではありません。
この機会に一度確認して対応をしておきましょう。
気が付かないでアクセス大幅減なんて残念すぎますから。がんばりましょー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです。

フォローお待ちしております。