シェアしてもらえると嬉しいです。

「格安スマホ」っていったい何?無知なので調べてみた。

最近よく聞く「格安スマホ」。
みんなわかって聞いているのかな?自分だけ知らんのかな?
と思っていたら、近所の方が「よくわかんないよねー」と言ってくれたので
安心したところです。

が、そのままでもなんなのでちょっと調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

格安スマホって何?

「格安スマホ」は、携帯電話大手の通信回線を借りて、割安な料金で通信サービスを利用できるスマホのことです。

誰が提供しているの?

「MVNO」とか言われてます。仮想移動体通信業者です。
例えば…
イオン・ヨドバシカメラ・BIGLOBE・DMM.com・DTI・楽天…
とか、たくさんあります。

誰から通信回線を借りてるの?

MVNOは、通信回線をNTTドコモ・KDDIなどから借りています。
その上で割安にスマートフォンを利用できるサービスを提供します。

安い理由

  1. スマホ端末が安い
  2. 通信サービスが安い

スマホ端末が安い

キャリアが販売する端末よりもスペックが抑えられていたり、ベンチャー企業などの安い端末を中心としているので、スマホ端末自体が安いんですね。

通信サービスが安い

携帯電話大手の通信回線を借りているわけですから
通信サービスを提供する上で、通信の設備を持つ必要がありません。
その為安い料金でサービスを提供できるわけです。

格安スマホのメリット・デメリット

格安だけに色々なメリットとデメリットがあります。
スマートフォンの利用場面をよく考えてくださいね。

メリット

とにかくメリットとしては、格安であることです。
とても貧乏な私などはもう格安であることはこの上ない喜びです。
IP電話などで通話料も安くなる

デメリット

一般的にIP電話などでは音質が落ちる場合があります。
データ通信のみの格安SIMでのIP電話は緊急通報(119、110など)につながらない。
通常の音声通話の料金は別途料金がかかる。
通信量に制限があります(それが安い理由のひとつなのでしょうけど)

まとめ

安いことはとても魅力的ですよね。
デメリットもあるのでよく検討してみたい。
そしてできたら変えてみたい…かな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです。

フォローお待ちしております。