シェアしてもらえると嬉しいです。

コーヒー好きに朗報!コーヒーは脂肪肝に効果あり。

コーヒーの効果って知っていますか?
リラックス効果だったり、覚醒だったりといったところは有名ですね。
眠くなってきたら「コーヒー飲むか」っていうのは、もう常識みたいになっていますよね。
(逆効果って話もありますが)

そんなコーヒーの効果の中でも気になるものを知りました。
「コーヒーは脂肪肝にいい」
コーヒー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

脂肪肝とは

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が30パーセント以上溜まった状態のことです。
放置すると糖尿病や高血圧をはじめとする生活習慣病になるリスクがあります。

どうして脂肪肝になるのか

主な原因は食べ過ぎと運動不足です。
またお酒の飲み過ぎも原因の一つとされています。

脂肪は大切なエネルギーですが、必要以上なものは肝臓に溜まっていくそう。
世のビジネスマンは危険ですよね。。
お酒は飲むし、どうしても運動する機会もだんだん減っていきますから。

コーヒーが脂肪肝にいいってホント?

コーヒーが脂肪肝に対して有効なのは、コーヒーに含まれる

  1. 抗酸化物質クロロゲン酸
  2. カフェイン

です。これらの物質が脂肪肝に良い効果を与えてくれるのです。
難しい話は置いておいて(わからないだけですがw)どんな意味があるのかというと

抗酸化物質クロロゲン酸

クロロゲン酸とは赤ワインでも有名な「ポリフェノール」の一つです。
このクロロゲン酸は、コーヒーの色や苦味、香りの元となっている物で
これが、「活性酸素による酸化を防ぐ」という効果や「脂肪の蓄積を抑える」という効果を期待できます。

カフェイン

コーヒーといえばカフェイン、みたいなイメージありますね。
先にも書いた「眠気覚まし」的な効果があります。
カフェインは、そのほかに「脂肪の燃焼を促進する」効果があります。

これらの効果により「脂肪肝にコーヒーが良い」とされるようになったんですね。

まとめ

コーヒーはいつも飲んでいるものなので、ありがたい情報でした。
でも、何事も「適度」が大切で、一日4杯以上はやめた方がいいという話もあります。
飲み過ぎには気を付けましょうね。

あとはやっぱり運動してダイエットか。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです。

フォローお待ちしております。