ApacheにMySQL、サイト構築のローカル環境を一気に作るXAMPPのインストール方法。

XAMPPのインストールをしてみるぞ Wordpress
スポンサーリンク

XAMPPのインストールをしてみるぞ

先日Instant WordPressでローカルにWordPress環境を作る記事を書きました。

初心者でもできる!Instant WordPress で簡単に WordPressのローカル環境を構築する方法
ものすごい簡単で数分でできるローカル環境づくり。Instant WordPressで自分のパソコンの中にブログと同じ環境を作りましょう。

 

以前私は XAMPP でローカル環境を構築していました。

「Instant WordPress」はとても簡単にインストールできたのですが、バックアップしたデータの関係でもう一度 XAMPP の環境を作る必要がありました。

なので、せっかくですから XAMPP のインストールについて書きたいと思います。

 

XAMPPとは

XAMPP(ザンプ)とは、ウェブサイト開発やwebアプリケーション開発に欠かすことのできないローカルの開発環境を提供してくれるパッケージのことです。
これにパッケージングされているのは以下のもの(XAMPPの頭文字になっています)。

X(クロスプラットホーム)

「X」はクロスプラットホームのことで、Windows・Linux・Macなどのように異なったプラットホームでも同じように使えるソフトウェアということです。

 

Apache(アパッチ)

これはApache(アパッチ)と呼ばれるWebサーバのことです。

 

一般的なレンタルサーバーなどでも使われているオープンソースのWebサーバーのソフトウェアです。

本来は、「Apache HTTP Server」ですが、Apacheと略されることが多いです。

 

MySQL・MariaDB

これはMySQL(マイエスキューエル)というデータベースのことです。

 

XAMPPのデータベースといえばMySQLと思っていたのですが、「またはMariaDB」となっていて…。

MariaDBは、MySQL派生のオープンソースな関係データベース管理システム(RDBMS)である。

ウィキペディアより

ということです。

 

PHP(ピーエイチピー)

PHPは、プログラミング言語です。

WordPressなどもPHPで動いていますので、XAMPPはその環境も一緒にインストールできるということですね。

PHPはWebサーバーで処理して結果を僕たちが使うウェブブラウザに送ってくれる「サーバーサイドスクリプトです。

 

Perl(パール)

Perl(パール)もプログラミング言語で、「Practical Extraction and Report Language 」の頭文字を取ってPerlとなったそう。

名前はよく聞きますが、実は一度も使ったことがないのでよくわかりません。

 

XAMPP は便利なパッケージ

普通、ApacheはApacheで、MySQLはMySQLとして個別にインストールする必要があります。

でも、Apache(アパッチ)を入れてMySQLを入れて、PHPも…なんてひとつひとつ入れていくのは面倒ですね。

XAMPP はその面倒さを一気にインストールして解消してくれるとても便利なパッケージです。

だから人気があるんですね。楽で簡単ですから。

 

XAMPPのダウンロード

さて、さっそくXAMPPのダウンロードに行きましょう。

まずはXAMPPパッケージをダウンロードします。
Apache friends にアクセスします。

 

XAMPPのダウンロードはApache Friendsから

 

ここですでに「MariaDB」と思いっきり書いてありますね(笑)

私は Windows なので Windows 向けパッケージをダウンロードします。

 

Windows用のXAMPP

 

ダウンロードしたファイルは「xampp-win32-5.6.23-0-VC11-installer.exe」です。

Linuxには64ビット版があるようですが、Windowsには32ビット版しかないようですね。

ともあれこれでXAMPPのダウンロードを完了です。

 

Windows用のXAMPPをダウンロード完了

 

XAMPPのインストール

では今度は XAMPP のインストールを進めていきたいと思います。

 

インストール前の注意・メッセージなど

先ほどダウンロードしたファイル「xampp-win32-5.6.23-0-VC11-installer.exe」をダブルクリックしてインストールを開始します。

 

インストールされるパソコンにウィルス対策ソフトがインストールされている場合は以下のような画面が表示されますので「YES」をクリックします。

 

XAMPPインストール時のセキュリティ警告

 

次にUACの警告が表示される場合があります。

 

XAMPPインストール時のUACのメッセージ

 

これはUACが有効になっているとXAMPPの機能に制限が出てきてしまうということのようです。

Program files(x86)にインストールしないようにするか、またはUACを無効にすればいいようです。私の場合は前回もCドライブの直下にインストールしたので今回も同様にします。

「OK」をクリックすると以下のような画面が表示されます。

ここからいよいよXAMPPのインストールが始まります。

 

XAMPPのインストール開始

セットアップウィザードにようこその画面が表示されます。

「NEXT」をクリックしてください。

 

XAMPPインストール開始

 

ここではインストールするコンポーネントを選ぶことができます。
必要なコンポーネントにチェックをし「NEXT」をクリックしてください。

 

インストールするコンポーネント選択

 

次にインストールするフォルダを決定します。

先ほどUACの警告がありましたね。

Cドライブの直下にインストールしたいと思います。

 

インストールディレクトリの選択

 

Bitnamiについての説明の画面になります。XAMPPとは関係ないので
チェックを外して「NEXT」をクリックしてください。

 

Bitnamiの説明

 

「NEXT」をクリックしてインストールを開始します。

 

インストールの確認

 

インストールが開始されました。しばし待ちます。。。

 

XAMPPインストール中

 

以下の画面が表示されたらインストール終了です。

僕の環境では5分で終了しました。

XAMPPインストール完了

 

XAMPPのコントロールパネルを開きたいのでチェックを入れて「Finish」ボタンをクリックします。
今すぐ XAMPP のコントロールパネルを開く必要がない場合はチェックを外してから「Finish」ボタンをクリックしてください。

 

XAMPPのコントロールパネルが開けました。

 

XAMPPコントロールパネル

 

以上でXAMPPのインストールが完了です。

 

Apache・MySQLのサービス起動方法

ちなみにコントロールパネルでは…

Apacheを起動する場合はApache右側にある「Start」ボタンを、またMySQLを起動する場合はMySQLの右側にある「Start」ボタンをクリックすることで起動できます。

 

サービスの開始

 

起動後は以下のような画面になります。

 

XAMPPコントロールパネル起動後

 

停止はそれぞれの「Stop」ボタンなのは言うまでもないですね(笑)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました