シェアしてもらえると嬉しいです。

ダイエット経過報告【1か月】 多少の成果は見えてきた。しかし膝が…。

ダイエット報告 1ヶ月

ちょうど1か月ほど前にダイエット指令を下され、その後、ゆっるゆるなダイエットを続けてまいりましたので、現在の状況を書いていきたいと思います。

ちなみに前回(2週間前)の途中経過はこちらです。

ダイエット経過報告。痩せなさいという指令から2週間たった今の状況をご報告します。
この前「ダイエットしないとだめですよ」とお叱りを受けてから、2週間ほど過ぎました。 現在の状況を書いていきたいと思いま...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目標体重とリミット

正確な日時などは決めていませんが、指導いただいた方には「半年で」と言われていました。

言われたのは確か…11月18日だったと思います(すでにうろ覚えw)

という事で半年なので4月18日とここで決めてしまいましょう。だれも気にしていないでしょうが。

体重は2.4㎏減という事ですが、キリも悪いので3.0㎏減とします。

たぶん、指導してくださった方は僕の体型を見て『コイツ自分に甘いタイプだわw』と見抜かれていたのでしょう。「途中挫折しないように…」と何度も言っていましたから。

だから2.4㎏という近い(少ない)目標にしてくれたのだと思います。

しかし、僕はそんなことに甘えてはいけないのです。もっと厳しく。

目標を2.4㎏から3.0㎏に増やしてやりますよ。やったりますわ。

(0.6㎏しか増えてないとか言わないで!)

ということで 4月18日までに3.0㎏減 を目標とします。

注意を受け、実践していること

前回も書きましたが、以下の2点を注意しています。

おかわりをしない

これは最初の2週間ほどはダイエットを強く意識していたからなのか…むしろ大丈夫でした。それ以降の方がたまに「食べたいなぁ」と思うこともありましたね。

でもそれほど強い食欲ではなくて、少しまでば消えるくらいのものです。

間食しないのは前提でしたが、「おかわりをしない」ことで間食欲とでもいうのでしょうか。

中途半端な時間に食欲が出ることがありました。

これがまたつらいんですよ。なんでかそういう時に限ってテーブルにうまそうなお菓子が置いてあったりするんですよね。

今でいえば、干し柿・クッキー・チョコレート。

あれわざとおいてあるんじゃないかと疑いますわー。家族のいじわるじゃないかと。

そこは無理をせずブラックコーヒーやミルクだけ入れたコーヒーを飲んでました。そうです。コーヒー好きですね(笑)

階段の昇り降りを増やす

2週間を過ぎたころ、少し調子に乗りやり過ぎてしまったからなのか、年なのか…膝が痛くなりました。

最初は普通に「1度の昇り降りをしたら、もう1往復おまけしちゃう。」っていう感じで2倍にしていたのです。

しかし、オラならきっと耐えられる!

調子に乗り「1度の昇り降りをしたら、もう2往復おまけしちゃう。」という

言わば3倍界王拳を使ってしまっていたんですね。しかもなぜか猛ダッシュ

ダイエットじゃなくて、トレーニングになってました。普段運動してないのに。

すると、ある瞬間に「ビキィー!」っときました。

やはり体の限界を超えてしまっていたのでしょう。膝がついて行かない状況に陥りました(笑)

今はおとなしく歩いて2倍に抑えてます。

ダイエット経過報告:1か月

体重の変化は?

体重:1.4㎏減 体脂肪:24%→24%

体重は順調に減っているといっていいのではないでしょうか。体脂肪は一応書いておきますが正直参考にはならないでしょう。なぜなら体重計が新しくないので2%区切りでしか出ないのです。しかもなぜか一回計り直後に計ったら数値が違うという(笑)

なら…なぜ書くんだ?とお思いかもしれないですが、体重しか書かないと寂しいからです。

体重:1.4㎏減

これより

体重:1.4㎏減 体脂肪:24%→24%

こっちの方が報告してる感がある気がします。それだけです。

体調の変化は?

85be7d97baf3e0599a91c51ccbfeef83_s

とにかく膝が痛い。

あーホントに痛いんですよ。やり過ぎた。最近はだいぶ痛みもひいてきましたが、運動不足を感じている方は決して急な運動はしない方がいいですよ。

膝が「ビキィー!」ってなりますから。

その他の体調は極めていいです。なんだかちょっとしか減っていない感覚なのに、すごく調子がいいです。体重が多い方はこのくらいの減量はそれほど苦じゃないと思いますのでやった方が間違いなく良いです。

こんな惰弱な僕でもできたのですからぜひ挑戦してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです。

フォローお待ちしております。