シェアしてもらえると嬉しいです。

時間の使い方を見直してみる。時間の大切さを意識してなかった。

時間の使い方を見直してみる

皆さんが僕の時間の使い方を知っていたとしたら…

きっとあきれてしまうんじゃないでしょうか。

僕は自分でも、時間の使い方が本当に下手だと自覚しています。でも、もしかしたら皆さんの中でもそういう方は意外と多いかもしれないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

時間の使い方がもったいない!

時間に追われて、知りたい事を勉強できなかったり、子どもとの時間をとることができなかったり、家族だんらんの時間をとることができなかったり…。

そうかと思うと、急にぽっかり時間が空いてしまって何をしようかと逆に悩んでしまったり…。

普段生活している上で、暇だなと思うことも忙しくて時間が足りないと思うこともありますよね。

どうしても時間というものにとらわれて動いていしまいますし、それを有効に利用できているとは言い難い状態にあります。

とにかく本当に僕は時間をうまく使うことができていないんです。

そこで今、僕自身が作ることができる隙間時間を考えてみたいと思います。

そして、それと同時に隙間時間をどう利用したいのかもあわせて考えてみます。

隙間時間を探してみる

通勤・移動時間

ほとんどが車移動になるんですが、ここでは少しでも有効に時間を使おうと考えて、今は自分で気になる本を音読し、それを録音して聞いています。

何回も何回も聞いていると頭にスッと入ってくることもありますし、文章自体覚えてしまうくらいなので意味はあるかと思います。

なかなかお勧めですが、自分の声をずっと聴いていると気持ち悪くなることも学びましたw

考えているだけの時間

そして考える時間。

僕はすぐ考え込んでしまう方なのですが、その時間は頭の中は動いていても体はほとんどフリーズ状態。このブログもそうなんですが、何を書けばいいかと小一時間考えてしまうことがあります。

そしてこの時間は大抵は夕方から夜。家での時間ですから筋トレにでもあてられるんじゃないでしょうか。

思考を邪魔しない程度の何か運動にあてられたらいいと思います。

ついでにダイエットにでもなれば最高です。

探し物をしている時間

これは本当に無駄な時間ですね。

皆さんもきっと、ちょっとペンが見当たらないとか、家族が定位置以外に置いた物を探すということがあるだろう。統計によると、人は1日10分、一生だとなんと153日分もの時間を探し物に費やしているという。

民間の保険会社が英国で成人男女3000人を対象に行った調査では、探し物をする回数は平均で1日9回、年間3285個にのぼった。20歳からの60年間で、のべ20万個近いアイテムを見失う計算になる。

http://rocketnews24.com/2012/03/26/195529/

これ、おそらく僕は一般の方より探し物多いと思います。

そうするとこれ以上の時間を探し物に割いていることになります。

しかも、実際のモノ…ペンもそうですが、ノート・メモ・財布・車のカギなどもよく失くしますし、パソコンの中のデータもどこにしまったかわからなくなることがあります。

この時間は「利用する」ではなく、無くさなければなりませんね。

モノに関しては定位置を決めて、使ったらすぐ戻すという事を意識しておかないとダメですね。

「後で…とりあえず…」を無くすことでこの探し物の時間を減らします。

起きる時間を少し早く

朝、苦手なのでどうしても遅れがちになってしまいます。

朝は何をやるにしても静かだし集中できるのはわかるんですが、二の足を踏んでいました。

この機会に30分早起きしますw

たった30分かよ!って怒られてしまいそうですが、10日で300分(5時間)ですよ。意外に大きな差になるんじゃないかと期待しています。

大切な時間を意識しよう

こうやって考えてみると、意外に感じたのが

「無駄にしている時間が多いわけじゃないのかも」ということです。探し物の時間は本当のムダですが、それ以外はプラスαとして何かできるかもしれない。といったものもあります。

時間を有効に使うというのは、時間を「ムダにできない大切なモノ」として常に意識して過ごすことなのかもしれないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです。

フォローお待ちしております。