シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べる前にちょっと動こう。食欲を抑えてダイエットを楽に。

食欲抑えてダイエット
何とか以前の体重まで落としたい。
そんな願いをいつも持ちつつ、なかなかダイエットできません。
毎日毎日自分のお腹を見て落ち込みます(笑)

お腹が空くと食べたくなります。その時我慢はできても持続させることはすごく難しいんですよね。そしていずれは我慢できなくなって食べちゃう。
私の場合は我慢の持続すら人並み以下なのに(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

我慢をやめて、食欲をコントロールしたい

意志が弱いと言えばそれまでですが、意志が弱く続かないからいろいろと考えることもあります。
例えば満腹感。
さすがに満腹感を感じている時まで食べることはありません。
だから、早めに満腹感を感じることができれば、太るほど食べることもないしダイエットも楽。ダイエット後のリバウンドもないかもしれない。
また、空腹感を軽くできれば、やっぱり同じことが言えますよね。
「頑張って我慢する」よりも、その我慢すべき食欲をコントロールしたいなと思います。

満腹感を得る方法と食欲を抑える方法

食欲のコントロール
満腹感を得やすくする方法はいろいろありますね。ちょっと調べるといっぱい出てきます。

  • ひと口で30回噛む
  • 時間をかけて食事をする
  • 食事の途中で休憩をとる
  • 味噌汁やスープなどの汁物を食べる
  • サラダなどの野菜から食べる

こういったものの中でも気になるのが「食前の軽い運動」です。
なぜかと言えば…
いつもダイエットに失敗するのは「食欲」が原因だからです。つい食べちゃうんですよね
食前の軽い運動には「食欲を抑える働き」があるのだそうです。

満腹・空腹に関係する「血糖値」

私たちの満腹・空腹は「血糖値がどうなのか」に影響を受けるそうです。
血糖値が上がっている・・・満腹感
血糖値が下がっている・・・空腹感
大まかにはこのような関係です。
だから、この血糖値を上手に調節し食欲をコントロールする。そうすることで食べ過ぎを防ぐことができます。

なぜ食前に運動すると食欲が抑えられるの?

食前運動で食欲を抑える
食べる前に運動するなんて余計にお腹空いて食べてしまいそうですが、実は食前に適度な運動をすることで食欲を抑制する消化管ホルモンが分泌されます。

また、食前の運動ということで糖や脂肪を貯めこんでいた肝臓などの内臓脂肪がエネルギーになり血糖値が一時的に上昇し空腹感が減るのだそうです。

消費するエネルギーは「食前」「食後」で同じだとしても、「食欲を減らす」という効果は私には魅力的です。その上肝臓の脂肪が減らせるのであれば、脂肪肝の危険を感じている私としては、食前の運動はやってみる価値ありと思っています。
とにかく続けることが大切。
食欲に負け続けている私としては少しでもコントロールのきっかけになるかと期待してます。

あとがき

強い意志を持っている方から見たら「小手先」なのかもしれないですね(笑)
でも、そういうところからでもやらないと始まりませんからね。
食前の運動は、「せっかく運動したんだから」と心理的にも食事量を減らす効果もあるみたいです。
「サラダから食べる」「食前の運動をする」この2つは取り入れやすいので試してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお待ちしております。